週日, 25 八月 2019

白鶴報恩(鶴の恩返し)日本民間故事 中文日文

  • 分類: 日本昔話
  • 最近更新: 2019-08-24, 週六 13:37
  • 作者 時雨
  • 點擊數: 2669

大綱

tsurunoongaeshi

  1. 大綱
  2. 故事(中日文對照)
  3. 文法講解

大綱
從前有個老爺爺偶然救起了白鶴,白鶴為了報恩化身為一個小姑娘,並藉雪天的藉口請求借住老爺爺家,連日大雪,小姑娘也就住了好幾天,每天都勤勞幫忙家務,甚至織出了上好的布匹,老爺爺和老奶奶都不知道這麼好的布是怎麼做出來的,但小姑娘不但沒說,還叮嚀絕對不可以偷看她織布,但老奶奶實在按奈不住好奇心,終於還是偷看了,結果只看見一隻白鶴正在拔下自己的羽毛來織布,白鶴發現自己被偷看,於是向兩老告辭,從此沒有再回來了。

 

 

故事(中日文對照)


むかしむかし、まず しいけれど、こころ やさ しいおじいさんとおばあさんがいました。あるさむ ふゆ 、おじいさんはまち へたきぎを りに かけました。すると途中 とちゅう んぼのなか で、一羽 いちわ のツルがワナにかかってもがいていたのです。

從前從前,住著一對貧窮卻心地善良的老爺爺和老奶奶。
在一個寒冷的冬天,老爺爺出門到鎮上去賣木柴。
途中,老爺爺在一個稻田上發現卡在陷阱裡的白鶴正在掙扎著。


「おお、おお、 可哀 かわい そうに」
おじいさんは可哀 かわい そうにおも って、ツルを がしてやりました。
するとツルは、おじいさんのあたま うえ さん ベんまわ って、
「カウ、カウ、カウ」
と、さもうれしそうに いて、 んで きました。

「哎呀、真可憐哪。」
老爺爺覺得白鶴很可憐,於是就幫忙放走了白鶴。
白鶴在老爺爺的頭上飛轉了三圈,
「嗷嗚、嗷嗚、嗷嗚」地高興地叫了幾聲,接著便飛走了。


そのよる 日暮 ひぐ ごろ から はじ めた ゆき が、コンコンと もって大雪 おおゆき になりました。
おじいさんがおばあさんにツルをたす けたはなし をしていると、おもて を、
トントン、トントン
と、たた おと がします。
「ごめんください。 けてくださいまし」
わか おんな ひと こえ です。

那一夜,從傍晚開始下起的雪已經積成了大雪。
老爺爺把自己救起白鶴的事講給了老奶奶聽。
這時候外面的大門傳來咚咚咚的敲門聲。
「請問有人在嗎?請開門。」
是一個年輕女人的聲音。


おばあさんが けると、あたま からゆき をかぶったむすめ っていました。
おばあさんはおどろ いて、
「まあ、まあ、さむ かったでしょう。さあ、はや くおはい り」
と、むすめ いえ れてやりました。

老奶奶打開了門,看見一身是雪的小姑娘。
老奶奶嚇了一跳。
「哎呀,妳一定很冷吧。來,快進來吧。」
老奶奶這麼說,並讓小姑娘進來。


「わたしは、この あた りにひと たず ねて ましたが、どこをさが しても見当 みあ たらず、ゆき るし、 れるし、やっとのこと でここまでまいりました。ご迷惑 めいわく でしょうが、どうか一晩 ひとばん めてくださいまし」
むすめ 丁寧 ていねい に、 をついてたの みました。

「我是來這附近拜訪一個人的,但怎麼找都找不到,又下了雪,天也黑了,好不容易才走到這裡,不知道會不會給您帶來了麻煩,希望您能收留我一晚。」
小姑娘恭恭敬敬地兩手扶地拜託著老奶奶。


「それはそれは、さぞ、おこま りじゃろう。こんなところでよかったら、どうぞ、お まりなさい」
「ありがとうございます」
むすめ よろこ んで、そのばん 食事 しょくじ 手伝 てつだ いなどをしてはたら いてやす みました。

「哎呀,妳一定很傷腦筋吧。如果你不嫌棄這種地方,還請在這裡住下。」
「謝謝您。」
小姑娘很高興,那一晚她幫忙煮飯等家事之後便休息了。


あくるあさ 、おばあさんが ますと、むすめ はもう きてはたら いていました。
いろりには え、なべ からは湯気 ゆげ があがっています。
そればかりか、家中 いえじゅう がきれいに掃除 そうじ されているのです。

隔天早上,老奶奶醒來後發現小姑娘已經起床並且正在幫忙家務。
爐子正在燒火,鍋子冒著白煙。
不僅如此,家裡還打掃得很乾淨。


「まあ、まあ、ごはん ばかりか、お掃除 そうじ までしてくれたのかね。ありがとう」
つぎ も、そのつぎ 大雪 おおゆき で、 けること 出来 でき ません。
むすめ は、おじいさんのかた をもんでくれました。
「おお、おお、なん はたら むすめ さんじゃ。 なん のつくやさ しいむすめ さんじゃ。こんなむすめ いえ にいてくれたら、どんなにうれしいじゃろう」
おじいさんとおばあさんは、 かお 見合 みあ わせました。

「哎呀,不只是做飯,還幫忙打掃家裡呀。真謝謝妳呀。」
隔天依然下著大雪,再隔了一天還是下著大雪,連門都沒有辦法打開。
小姑娘幫老爺爺按摩了肩膀。
「噢,多麼能幹的小姑娘啊。多麼地體貼溫柔啊。如果家裡有這麼樣的一個小姑娘,那該多高興啊。」
老爺爺和老奶奶對望了一眼。


するとむすめ が、 をついてたの みました。
身寄 みよ りのないむすめ です。どうぞ、このいえ においてくださいませ」
「おお、おお」
「まあ、まあ」
おじいさんとおばあさんはよろこ んで、それから三人 さんにん まず しいけれど、たの しい毎日 まいにち ごしました。

這時候小姑娘兩手扶地請求兩老:
「我是一個無依無靠的女兒家,請收留我吧。」
「哦哦」
「好呀」
老爺爺和老奶奶非常高興,雖然貧窮,但三人每天都過著幸福的日子。


さて、あること
むすめ はた をおりたいから、いと ってくださいとたの みました。
おじいさんがいと ってくると、むすめ はた まわ りにびょうぶを てて、
はた をおりあげるまで、けっ してのぞかないでください」
と、 って、はた をおりはじ めました。

有一天。
小姑娘想要織布,她請老爺爺幫她買線回來。
老爺爺買線回來之後,小姑娘便在織布機周圍豎起屏風,
「在我完成織布之前,請絕對不要偷看。」
小姑娘說完便開始織布了。


キコバタトン、キコバタトン。
むすめ はた をおって、 三日 みっか がたちました。
ようやくはた をおり えたむすめ は、
「おじいさま、おばあさま、この綾錦 あやにしき まち りに って、かえ りにはまた、いと って くだ さい」
と、むすめ そら くも よう かる い、うつく しいおりもの 二人 ふたり せました。

喀啦喀啦、喀啦喀啦,
小姑娘織著布,就這樣過了三天。
終於,小姑娘織完了布。
「老爺爺,老奶奶,請將這匹綾羅綢緞拿到鎮上去賣,回來時請再幫我買線。」
小姑娘說完便將如雲般輕巧的美麗綢緞給兩老看。


「これは、素晴 すば らしい」
おじいさんがまち りに くと、それを殿 との さまがたか 値段 ねだん ってくれました。
おじいさんはよろこ んで、いと ってかえ りました。
するとむすめ はまた、 はた をおりはじ めました。

「這東西,實在好極了。」
老爺爺一到鎮上去賣,一個身分高貴的老爺子便用高價錢買了下來。
老爺爺非常歡喜,買了線回來了。
於是小姑娘又開始織布了。


「ねえ、おじいさん。あのむすめ はいったいどうして、あんな見事 みごと ぬの をおるのでしょうね。ほんの少し、のぞいてみましょう」
おばあさんがびょうぶのすきまからのぞいてみると、そこにむすめ はいなくて、やせこけた一羽 いちわ のツルがなが いくちばしで自分 じぶん 羽毛 うもう いては、いと にはさんではた をおっていたのです。

「吶、老伴啊。那個小姑娘到底是怎麼織出那麼漂亮的布呀……稍微偷看一下吧。」 
老奶奶透過屏風的縫隙偷偷窺探了一眼,發現在那裡的不是小姑娘,而是一隻枯瘦如柴的白鶴正在用長長的鳥喙拔下自己的羽毛,混著線一起織布。


「おじいさん、おじいさんや」
おどろいたおばあさんは、おじいさんにこのこと はな しました。
キコバタトン、キコバタトン…
はた おと んで、まえ よりもやせほそ ったむすめ ぬの をかかえて てきました。

「老伴、老伴呀」
嚇到的老奶奶向老爺爺說了這事。
喀啦喀啦、喀啦喀啦……。
織布聲停止了。小姑娘抱著布走了出來,身體比之前更瘦小了。


「おじいさま、おばあさま。もう、 かく していても 仕方 しかた ありませんね。
わたしは、いつか たす けられたツルでございます。
おん をおかえ ししたいとおも ってむすめ になってまいりました。
けれど、もうおわか れでございます。
どうぞ、いつまでもおたっしゃでいてくださいませ」

「老爺爺,老奶奶。看樣子再藏也無濟於事。
我是曾經被救起的白鶴。
為了報恩才化身為小姑娘。
不過,該是離別的時候了。
請保重身體。」 


そう ったかとおも うと、おじいさんとおばあさんが めるのも かず、たちまち一羽 いちわ のツルになってそら がりました。
そしていえ うえ を、さん ベんまわ って、
「カウ、カウ、カウ」
と、 きながら、やま こうへ んで ってしまいました。

話一說完,她不理會老爺爺和老奶奶的挽留,轉眼間就變成一隻白鶴飛上了天空。
接著在房子的上空飛轉了三圈,
「嗷嗚、嗷嗚、嗷嗚」
一邊鳴叫,一邊往山的另一頭飛去了。


「ツルや。いや、むすめ や。どうかおまえ も、たっしゃでいておくれ。いま まで、ありがとう」
おじいさんとおばあさんは、いつまでもいつまでもツルを見送 みおく りました。
それからのち、二人 ふたり むすめ のおったぬの ったおかね しあわ せに らしました。

「白鶴啊,不、小姑娘啊,妳也要保重身體啊……一直以來,謝謝妳了。」
老爺爺和老奶奶就這樣目送白鶴離去。
在那之後,兩老用小姑娘織的布所賺來的錢過著幸福快樂的日子。

日文原文取自於福娘童話集並取得授權《ツルの恩返し》,中譯與文法教學為時雨の町所有,請勿任意轉載。

 

文法講解

 

logo 時雨,東吳大學日本語文學系畢,興趣使然的日語教學網站管理員。2016年開始於部落格上撰寫教學,人稱興趣使然的部落客(?),2018年出版了人生第一本日語學習書,現過著勉強繳得起房租水電跟養一隻貓的生活。
時雨の町-日文學習園地 站長:時雨
logo
時雨,東吳大學日本語文學系畢,興趣使然的日語教學網站管理員。2016年開始於部落格上撰寫教學,人稱興趣使然的部落客(?),2018年出版了人生第一本日語學習書,現過著勉強繳得起房租水電跟養一隻貓的生活。
時雨の町-日文學習園地 站長:時雨

你可能也想看

授權條款

本站所有內容皆為本人辛苦撰寫,請勿盜文(圖),引用或分享請使用連結分享,勿複製內文。本網站所有著作皆採用創用 CC 姓名標示-非商業性-禁止改作 4.0 國際授權條款授權。
創用 CC 授權條款  sigure web

網站訪客

20406973
今日23818
昨日43127
總人氣20406973